ア行~ 犬一覧

秋田犬の性格としつけのポイントは?値段やブリーダーについてもご紹介!

投稿日:

「忠犬ハチ公」で有名な秋田犬。

秋田犬は日本で天然記念物に指定されている日本犬で、日本だけでなく海外でも人気の犬種です。

最近でも、平昌オリンピック女子フィギュアスケートのザギトワ選手が、金メダルのご褒美に秋田犬を希望したことが話題となりましたね。

では秋田犬とは一体どのような犬なのか。

今回は、秋田犬の性格やしつけ、値段やブリーダーなどについて詳しくご説明したいと思います。

スポンサードリンク

 

秋田犬ってどんな犬?

秋田犬

秋田犬は名前の通り秋田県が原産で、“あきたけん”ではなく“あきたいぬ”と呼びます。

秋田犬は秋田県北部にいた“秋田マタギ犬”が祖先と言われています。

マタギ犬とは山岳で活躍する狩猟犬のことで、大館地方で主に飼育されていたことから“大館犬”とも呼ばれていました。

そして江戸時代に入ると、藩主である佐竹氏の命により闘犬として利用されるようになりました。

より大型で強い闘犬を作り出すために、秋田犬は江戸時代から明治時代にかけて品種改良が行われ雑種化していくこととなります。

 

しかし1916年に日本で闘犬が禁止されると、純血の秋田犬が激減したことを問題視した愛好家たちによって保存運動が進められました。

その結果、1927年には「秋田犬保存会」が設置され、1931年に秋田県は日本犬として初の天然記念物に指定されることとなりました。

 

その後、第二次世界大戦の勃発により、毛皮目的で軍に供出したり軍用犬と交配したりすることで再び純血種が激減しましたが、生き残った純血種をもとに再作出が行われ、ようやく秋田犬が確立されるようになりました。

 

因みに、「忠犬ハチ公」が生まれたのは1923年のことで、その数ヵ月後に東京帝国大学の上野教授に引き取られたようです。

スポンサードリンク

 

体の特徴

それでは、秋田犬の特徴についてみていきましょう。

 

秋田犬は大型犬に分類されており、体高がメスは60~66cm、オスは64~71cm程度、体重がメスは32~50kg、オスは40~60kg程度になります。

体高に比べて体長がやや長めで、胴体も四肢もがっしりとしています。

かつて猟犬や闘犬として活躍しただけあり、身体能力に優れ力も非常に強いです。

 

頭部にはストップがあり、三角形の立ち耳とクルッと巻かれた巻き尾が特徴です。

被毛はダブルコートで、硬い直毛である上毛の下には柔らかい下毛が密生しています。

この被毛のおかげで厳しい冬の寒さから身を守ることができます。

秋田犬

被毛の色については、白や赤、虎毛が基本で、黒や胡麻の個体も認められていますが現在はほとんど存在しないと言われています。

また、毛の長さは短いですが、中にはムク毛と呼ばれる長毛種も存在します。

ムク毛の個体は珍しく、秋田犬としては正式に認められないもののひそかに人気のようです。

 

寿命

秋田犬の寿命は、10~15歳程度です。

大型犬で中では、比較的長生きの犬種と言えるでしょう。

 

性格

次に、秋田犬の性格についてですが、秋田犬は「忠犬ハチ公」でも分かる通り、非常に飼い主への忠誠心が強い犬種です。

家族に対しても愛情深く、家族を守ろうとしてくれます。

 

知らない人に対しては警戒心が強いことから番犬に向いています。

ただ、攻撃性も強いため、知らない人に対して威圧的な態度をとることもあります。

むやみに危害を加えないように、幼犬のうちからしっかりとしつけを行う必要があります。

 

彼らは感受性が高く賢いので、飼い主に対して従順ということも考えるとしつけはしやすいと言えるでしょう。

しつけさえしっかり行えば無駄吠えもなく穏やかな性格なので、家庭犬として飼育しやすい犬種です。

スポンサードリンク

 

秋田犬の値段やブリーダーは?

もし秋田犬を飼育したいという場合は、専門のブリーダーから購入することをお勧めします。

あまりペットショップで見かけることはないでしょう。

 

ブリーダーから購入する際には、親の血統や性格、健康状態をしっかりと確認し、ご自身と相性の良い子犬を選ぶようにしましょう。

悪徳ブリーダーも存在しますので、購入前に犬舎見学をするなどの状況確認を怠ってはいけません。

 

子犬の価格については、10~20万円が相場ですが、血統次第では30万円近くすることもあるようです。

 

秋田犬のブリーダー情報はこちら!https://www.dogoo.com/cgi/wssn/wssn_sdg.cgi?category=02akita

 

もし、お金をかけたくないという場合は、里親制度を利用すると良いでしょう。

さまざまな理由で秋田犬を手放す方はいます。

里親制度を利用すれば無料なので、気になる方は一度調べてみると良いでしょう。

 

飼育にかかる費用

秋田犬

秋田犬は大型犬なので、飼うための設備や餌代などの費用が他の犬に比べると高額になってしまいます。

具体的な例としては、

・ケージ、小屋...30,000~100,000円

・首輪、リード...3,000~5,000円

・トイレ用品...トレー10,000円+シート毎月6,000円

・滑り止めなどの床材...30,000~50,000円

・ケア用品(ブラシ、シャンプーなど)...5,000円

・餌代...毎月20,000~35,000円

・狂犬病やフィラリアの予防接種など...毎年10,000~20,000円

といった費用がかかることが考えられます。

 

また、ケガや病気をしてしまった際も大型犬の医療費は高額になりがちですので、費用面でもよく考えたうえで飼うようにしてくださいね。

スポンサードリンク

 

しつけのポイント

次に、秋田犬のしつけをする際に大切なポイントをご説明します。

 

まず、秋田犬は飼い主に従順とはいえ大型犬です。

中途半端なしつけで甘やかしたりすると、飼い主の言うことを聞かず凶暴になったりして危険です。

幼犬のうちから主従関係を明確にし、毅然とした態度で接していきましょう。

 

噛み癖をつけないためにも、幼犬のうちから甘噛みをさせないなど噛むこと自体をダメと言い聞かせる必要もあります。

秋田犬は声も大きいため、吠え癖もつけさせてはいけません。

 

もししつけに対して不安を抱えている場合は、迷わずドッグトレーナーに相談してください。

愛犬が幸せに暮らすためにも、最初に手を抜いてはいけないのです。

 

飼育する際の注意点

秋田犬

さて、では秋田犬を飼育する場合、どのような点に気をつければよいのでしょうか。

 

運動

秋田犬は体力があり活発なので、毎日十分な運動を必要とします。

散歩は1日2回、1時間以上行いストレスを発散させてあげましょう。

 

暑さに弱い

秋田犬は被毛が分厚いので夏の暑さは苦手です。

外に犬小屋を置く場合は、日陰で風通しの良い涼しい場所を選び、室内の場合はエアコンで温度調節をしてあげてください。

また、夏場は涼しい時間帯に散歩をするなど配慮してあげてください。

 

被毛のお手入れ

被毛のお手入れについてですが、秋田犬は短毛の割に比較的抜け毛が多い犬種です。

特に換毛期にはたくさん抜けます。

ブラッシングは週に2回程度行い、抜け毛をこまめに取り除いてあげましょう。

もちろん、換毛期はもっと頻繁にブラッシングする必要があります。

そして汚れが目立つ場合にはシャンプーを行い、被毛を清潔に保つようにしましょう。

スポンサードリンク

 

秋田犬がかかりやすい病気

最後に、秋田犬がかかりやすい病気についてもご説明します。

 

皮膚病

まず、秋田犬は生まれつき皮膚が弱いため皮膚病を発症しやすいと言われています。

発症すると、皮膚の油分が増えることによるべたつき、フケ、脱毛といった症状が見られます。

 

また、秋田犬では肉芽腫性脂腺炎になってしまう個体も多いようです。

肉芽腫性脂腺炎とは脂腺が何らかの原因により炎症を起こし大量の鱗屑やフケ、脱毛が起こるものです。

皮膚病を発症したら投薬やシャンプー療法などを行っていくことになりますが、長期化する恐れがあるため厄介です。

そのため、日頃から皮膚病にかからないよう予防に努めることが大切なのです。

 

臍(さい)ヘルニア

臍(さい)ヘルニアとは、おへその穴が閉じておらず脂肪や腹膜、腸などの臓器が飛び出してしまっている状態のことです。

わかりやすくいうと、「出べそ」の状態ですね。

 

秋田犬は、先天的な臍ヘルニアになる可能性が高い犬種です。

末期状態になると、臓器が締め付けられる事で血行障害を起こし、その臓器の機能も失ってしまい死亡する可能性もあります。

 

・臍の中を指で押して、奥に穴の淵を感じる

・腹圧がないと、ヘコんでいる

・体勢によって、膨らみが変わる

というような状態がみられた場合は、臍ヘルニアの可能性があるので1度病院で診てもらいましょう。

 

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)

眼瞼内反症とは、まぶたが内側にめくれている状態のことです。

そうなると、まつげが目の内側に向かってしまう「逆さまつげ」になってしまいます。

逆さまつげになると、まつげが目を傷つけてしまう事で、

・目の充血、目ヤニや涙が増える、頻繁に目をこする

といった症状が見られます。

 

眼瞼内反症が軽度の場合は、まつげを抜いたり点眼薬などで治療できますが、重度になると手術が必要となります。

秋田犬

 

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症とは、甲状腺機能が低下して、甲状腺ホルモンが正常に出なくなってしまう病気です。

甲状腺機能低下症はゆっくりと進行していく病気なので、毎日観察を怠らず、

・元気がなくなってきた、左右対称性の脱毛ができた、尾の毛が抜ける、皮膚の乾燥、体重の増加、寒さに弱くなる

といった異変をすぐに察知することが大切です。

 

ブドウ膜皮膚症候群

また、ブドウ膜皮膚症候群も発症しやすいことが分かっています。

ブドウ膜皮膚症候群とは、目の周りや鼻、唇の色素が薄くなったりただれたりするという病気です。

最初に涙が突然あふれだして止まらなくなり、白目が充血するとともに眼球が肥大していくようです。

このような症状が見られたら、すぐにブドウ膜皮膚症候群を疑い動物病院を受診してください。

 

この病気は自己免疫疾患であると考えられるため、治療には免疫抑制剤などが使用されますが完治は難しいと言われています。

ただ、放置すると白内障や緑内障を併発したり最悪の場合失明したりするので、早期に治療を開始することが大事です。

 

まとめ

秋田犬は日本原産の大型犬で、体高68cm体重45kgほどの大きさになります。

飼い主への忠誠心が強く、知らない人に対しては警戒心が強いことから番犬に向いた性格をしています。

 

飼い主に対して非常に忠誠心が強い秋田犬。

ひたむきな純粋さから、一度飼育し始めたらかわいくてたまらない存在となることでしょう。

飼い主に対しての一途な性格が、海外の人々に人気が出た理由の一つでもあるようです。

分厚い被毛に覆われた見た目もかわいらしく、思わず抱きつきたくなってしまいますね。

 

秋田犬はもちろん日本国内でも人気犬種で、毎年ジャパンケンネルクラブの登録数も上位に入っています。

大型犬という意味では少々飼育が大変ですが、しつけさえしっかり行えば大きな問題はありません。

かけがえのないパートナーを是非探してみてください。

スポンサードリンク

-ア行~, 犬一覧

Copyright© ワンだって!ニャンだそりゃ!? , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.